ブログ記事詳細
正官庄 オフィシャル ブログ  >  ライフ  >  健康な腸で猛暑を乗り切る

カレンダー

<< 2017年9月 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

ブロガーリスト



健康な腸で猛暑を乗り切る

2017/08/07

正官庄マガジンから ~腸が健康なことで夏も健康に~

暑くて湿度が高い夏は細菌の繁殖活発になり食物が腐敗しやすくなります。夏になると腹痛や下痢を起こしやすくなるのはそのためです。夏場は特に、免疫力を司る腸の健康に細心の注意を払う必要があリます。

夏になると体調を崩すという方は、腸の健康を疑ってみてください。腸は食べ物の消化、栄養成分の吸収、体内の老廃物の排出、免疫システムの管理と、多くの役割を果たす器官です。細菌が繁殖しやすい夏は、腸は働きすぎになっていることがあります。その結果、腸が正常に作用せず、免疫力が下がることがあるのです。

腸の健康を維持するには、腸に「良い菌」を育てることです。人間の腸に住んでいる腸内環境に影響を与えている菌を「腸内細菌」と言います。「細菌」というと悪いイメージがありますが、私たちの体には良い菌と悪い菌が混在しています。例えば、腸内細菌の中で最も知られている乳酸菌は良い菌の一つですが、乳酸などの酸性物質を産出し、場内に悪い菌が増殖するのを防ぐ働きがあります。

多才多能な腸内細菌

腸内細菌は色々な役割を持っています。体内のエネルギー代謝に関与して肥満など代謝疾患の発生を抑制するもの。摂取する薬や発ガン物質を中和して排出し、腸の運動を調節するもの。近年最も注目されている腸内細菌の役割は、免疫力の増進です。人間は生まれた瞬間から数種類の腸内細菌を持つことになりますが、成長過程を通じて免疫システムは成熟していきます。腸内細菌の構成は、住んでいる環境や食習慣、年齢、人種によっても異なります。実際に西欧人にはあって、韓国人には発見されない腸内細菌もあります。韓国人の腸にはキムチなど、植物性の醗酵食品によって供給される良い菌があります。健康のためには、色々な栄養素を摂取するのは良いことですが、腸内細菌の面からみると、肉類やその他の飽和脂肪よりは植物性の醗酵食品の方が良い食べ物ということになります。良質の腸内細菌である乳酸菌の供給が受けられて、良い菌の餌である食物繊維までたっぷりと攝取することができるからです。

良い菌は腸細胞が必要とするエネルギーを供給し、その結果として腸の細胞が栄養分や水分をよく吸収できるようになるのです。さらに、腸細胞を保護する粘液を豊かにし、細菌に対抗する抗生物質が生成されることもわかっています。良い菌は悪い菌の増殖も抑制します。免疫体系を丈夫にしたいのなら、腸に良い菌を入れて、元気に育てる食習慣を心がけてください。

▼80種類の野草、野菜、果実、海藻を自然発酵させた「紅参・自然発酵液80」で猛暑を乗り切る体内バランスと体内活性化を!



사보 심 2017년 여름호 고려대학교 안암병원 소화기내과 교수 금보라


    • キョンキョン